女性に多い抜け毛や薄毛の原因は、何なのでしょう? 女性の薄毛や抜け毛の原因は人それぞれのためすが、主に以下のようなことが原因で起こることが知られています。 ・強いストレスやホルモンバランス(卵胞ホルモンや黄体ホルモンが有名ですが、体内で作られるホルモンは七十種類以上あるといわれています)の崩れなどの体調変化 ・ヘアケア製品や手入れの不具合によって起きる頭皮トラブル まず、抜け毛が増えたり、薄毛(いわゆるハゲのことですね)になる原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)には、体調変化があるみたいです。 持病の薬が原因で抜け毛が多くなることもありますし、激しいダイエット(次々に新たな方法がブームになっては消えていきます)や生活習慣の乱れによって起きるホルモンバランスの崩れが原因で抜け毛が増えることもあるでしょう。 それに、ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)が原因で抜け毛が多くなることはよく知られていますね。 薬の副作用では抗がん剤などが有名ですし、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)性の円形脱毛症も広く知られていると思います。 この他には、ヘアケア用品によって頭皮(英語ではスカルプと呼ねれていて、スカルプケアなんて表現もよく使われます)や髪がダメージを受けて抜け毛が増えてしまうということもあります。 特に、昔のヘアカラーやパーマ液は、髪や頭皮(五層から形成されていると考えられています)に大変なダメージを与えたことが知られていますよね。 この他にも、敏感肌の人が肌に合わないものを使って地肌を痛めてしまったり、頭皮の脂やフケが原因で抜け毛が増えることもありますー